地域情報化活動報告会に参加しました

マイママは2008年度地域情報化活動の助成事業の対象でした。

それで、ホームページの中に保健室便りや一般の方からのメール相談の対応を1年間させていただきました。

その実績報告会より・・・

2008年のメール対応件数は787件です。

特に22時台のやり取りが多くありました。

これは、自分の生活を振り返ってみても言えることですが、ママたちにとって子どもが寝てから一番落ち着く時間なんだろうと考えます。

マイママに参加するママたちにはこちらからいろいろお願いすることも多く、そのやり取りがたくさんあります。

でも、緊急の相談別で分析をしてみると・・・

*子どものこと

*ママ自身の身体のこと

*緊急相談

*教室に対する思い

*ママの独り言・・・ちょっと、聞いて・・・

*仕事復帰

という内容がありました。

また、一般の方からからの相談は、マイママと地域で出会ったことがあり、ここなら相談しても大丈夫と感じたママからの切実な相談でした。

もう一つは、保健室便りの設定です。

今までに、ママたちからいただいた情報やメールでのやり取りをご了解いただいた上で公開する方向へ持っていきました。

これが、多くの方に見ていただくことができたようで、コメントにもお礼の言葉を書いていただきました。今後も少しずつ、項目を増やしていくことことが課題です。

効果としては、こうしたメールの相談は、時間を問わず利用することができることや、書きながら気持ちの整理ができ、その中で答えが見えることもあります。

また、保健室便りを読んで安心したとの声も聞かれ、自分のことが役に立つなら掲載してもかまないという言葉もいただいています。

ただ、こうした顔が見えないメールでの相談は信頼関係がないとできません。

お互いが、真剣に、その内容について共感・共有し合い、一緒に解決していくんだという気持ちが必要ですね。

マイママはたくさんの方からいろんな形で、支援をいただいてここに至りました。

これからも、少しでも多くのママが自分らしく生きていくとこができるように応援したいと思います。

なお、一般の方のメール相談につきましては、助成期間内だけということで、現在はしておりませんので、ご了承ください。